スタッドレスなし(チェーンのみ)で行けるスキー場

スタッドレスタイヤを購入して車に履かせるというのは、結構面倒かもしれません。真冬も近くなるとスタッドレスタイヤに履き替えようとカーショップなどは混み合いますし、費用もタイヤと装着費用がかかります。また、履き替えたほうのタイヤの保管場所も大変です。そこで、ノーマルタイヤとチェーンのみで行けるスキー場があれば、マイカーでも気軽に行けるのでは?と思うのです。ポイントはなるべく近い場所。除雪が難しい地方の道路を走らなければならないほど、リスクが高まります。

 

ノーマルタイヤ+チェーンの注意点

チェーン装着時の高速道路での運転はスタッドレスタイヤの時と比べてスピードに差があります。周囲に対して配慮や安全確認が必要になります。チェーン装着はPAエリアなどで行い「あ!チェーン装着すればよかった!」と思っても高速道路の路肩で装着は危険なのでやめましょう。チェーンは金属のものと非金属のものがあります。雪国の人たちはスタッドレスタイヤにチェーンを巻きますが、ノーマルタイヤの場合は非金属チェーンを選びます。金属チェーンをノーマルタイヤにつけた場合、摩擦が少なく常にこすれあう感じになってしまい、緩みが出てチェーンが外れてしまう可能性が高くなります。外れたチェーンが最悪タイヤの軸に巻きついたりして危険です。もちろん除雪の技術も進んで道が良くなっているところもありますが、金属チェーンを履いてもスタッドレスタイヤでもダメな時はダメなものです。

 

佐久スキーガーデンパラダ 高速道路と直結

長野県にある佐久スキーガーデンパラダは、都内から高速道路で2時間ほどの本格的なスキー場です。近頃は雪が降ってもすぐに除雪してもらえるので、首都圏から近い高速道路なら雪が降った後でも比較的早くからチェーンなしで走ることが出来ます。

何よりも、高速道路のパーキングと直結しており、高速道路を降りることなくゲレンデでスキーを楽しめます。下道で雪道を走るリスクが断然少なく、天候が雪でなければスタッドレスなしでも行くことが出来ます。

佐久スキーガーデンパラダのPA入口のエスカレーター


一瞬「これは何?」と思うカブトムシのユルキャラの「かぶ太くん」もお出迎えです。実は自然を生かしたパラダは、昆虫体験学習館もあります。標本だけでなくアクアリウムやテラリウムでは生きた昆虫も飼育展示しています。スキーも良いですが、冬の特別企画展などもやっているので、スキーにプラスして楽しむのもレジャーとして思い出に残るでしょう。

 

スノータウン イエティ Yeti 東名裾野ICから20分

スノータウンイエティは富士山の2合目にあり、雪が降ることが少ない東名高速の裾野ICから20分で行けるスキー場です。
富士山といっても雪が降ることが少ない静岡県の太平洋側なので、ノーマルタイヤでも十分に行くことができます。東名高速での東京ICから裾野ICまで約60分+裾野ICから約20分で到着できる近さです。

10月のオープンから4月のクローズまでと長い期間に渡り利用でき、広いゲレンデではありませんが、小さなキッズ向け雪遊びコースや初心者コースや上級者コースもあり、ナイター営業もしているのでタップリ楽しむことが出来ます。

 

富士見パノラマリゾート 諏訪南ICから車で7分

傾斜が大きく3000mのロングコースもあることから、ガッツリと滑りたいと思う方に好まれる富士見パノラマリゾートです。晴天率85%で晴れの日が多く、雪が降っていない日ならほぼチェーンなしで到着できるスキー場です。

子供にとっても雪遊びが楽しくなるキッズパークも充実しており、託児所やスクールやレンタルもあるので家族連れにおススメです。

アクセスは中央道の諏訪南ICから車で7分。高速で八王子から90分ほどで到着です。天候にもより晴天が続いて道路が乾くことが多いので、雪が降っていなければ下道もノーマルタイヤでも十分はしれるほど良好です。もちろん山の天気ですから急変も予想されますので、ノーマルタイヤの場合はチェーンはもっていきましょう