スノボ服装の中に着るものは?

スノボ初心者の人はよく風邪を引いてしまうといわれています。「もっと暖かい格好をしていけばよいのに」とか「ウェアの中にもっとたくさん着込めば」と思ったりもしますが、初めて子供にスノボをさせるのに、まるで雪だるまのように着せてしまうのも考えものです。スノボはスポーツですから、たくさん着込んで動きにくい状態で滑るのは滑りづらいですし、機動力が落ちれば危険なこともあります。

 

厚着をさせていったのに風邪をひく理由

綿の肌触りよいキルティング下着やトレーナーなどを重ね着させて行ったりする人がいます。綿は乾燥している時は空気の保有量も多いので暖かいですし、汗の吸収も良いです。しかし一度汗に濡れてしまうと乾きづらく、濡れた下着は体温を急速に奪っていきます。スノボに限らずスキーでも綿の下着はNGが基本です。もちろん汗をかいたら着替えれば良いのですが、初心者は滑れるようになることに一生懸命ですし、少し滑れるようになると面白くて無我夢中になってしまうからです。スノボの運動量は特に初心者は大変なものですから大汗をかき、その上スキー場の気温は氷点下。大汗が体温を奪い、いつもより多い運動量は体力を消耗していきます。その結果風邪を引いてしまうという構造なのです。特に子供はスクールなどに入ると、親がつきっきりで着替えをさせてあげるわけにはいかないこともあるでしょう。特に気をつけなければいけません。

 

スノボウェアの下に着るものは何が良いか?

スノボ初心者は特に運動性を考えたものにしないと、少しの斜面で転んでも起き上がれないことがあります。つまりモコモコ着込めばOKではないのです。では、どのようなアンダーを着れば良いのでしょうか。

保温には首元が肝心です。ハイネックのものやネックウォーマーが必須です。素材としてはヒートテック長袖シャツを肌着にして、その上からフリースを着ます。ウェアがきちんと防水防水されていれば厚手のものでなくて良いでしょう。晴天の場合などは薄手のもの、それも暑がる子供がいます。

ウェアのズボン下は、厚手のタイツだと動きにくいので、やはりヒートテック素材のタイツやレギンスが良いでしょう。靴下はスキー用の厚手のものを選びます。サッカー選手が履くような厚手が良いですね。つま先は意外に冷えるので暖かくすることを心がけましょう。

ちなみに、晴天の関東地方のスキー場と荒天や東北地方のスキー場ではコンディションが違います。行き先„や天候をチェックして用意することも鉄則です。

 

これはどうかな?と迷ったら

今は昔よりも化学繊維の優れた肌着が多数あります。ヒートテックに限らずメーカーは様々な特徴を持たせていますね。これはどうだろう?と商品を手にとって迷ったら、以下の点をチェックして購入しましょう。

1、吸湿性

2、速乾性

3、保温性

4、動きやすさ

5、着心地

子供は特に動きやすさや着心地の良さで気分良く過ごしてくれます。

冬山では大人のスキーはレイヤリングといって、それぞれ機能性を持たせたアンダーを重ね着したりします。しかし子供は着替えづらかったりするので、アンダーの予備を持ちながらも最初から調整しなくても良いようセッティングしてあげましょう。
また、純粋にスキー用品でなくても、普段使いにできるものであれば購入しやすいですね。

 
 
<注目のコンテンツページ>
スキーバスvsマイカー どっちが安い?:人数別コスト比較
子連れスキーの持ち物:初めての子供をサポートするスキー・スノボの補助具など
冬休みの家族旅行:ゲレンデ直結のホテル
託児所のあるスキー場:子供は雪遊び!大人はゲレンデ!
首都圏からの電車で行けるスキー場:ゲレンデ直結の駅など
スキー・スノボは何歳から楽しめる?:ゲレンデデビューはいつから?
子供にはスキーorスノーボードどちら?:はじめるならどちら?