子供のスキーの服装、中に着るものは?

大人顔負けのデザイン豊富なスキーウェア、中綿入りなど保温性も高いものも多く出ていますね。大人は自分の運動量に合わせて中に着るものを調節するので、暑ければ脱ぐし、汗をかいたら着替えたりもします。でも子供というものは雪の中で夢中になってしまうと寒くても分からなかったり、大汗かいた後に着替えず身体を冷やしてしまうことも。ある程度の大人からの体温調節お膳立てが必要です。

また、朝は寒くても、お昼ごろには気温もあがり暑くなると、子どもたちは中に来ているものを脱ぎたがるので、脱いだものをしまえるリュックサックなど準備しておくと良いでしょう。

 

子供の服装の基本構成

(上)ジャケット:
下着+長袖シャツ(※1)+フリース(※2)+ウエアージャケット+ネックウォーマー(※1)

(下)ズボン:
厚手の靴下+スパッツ・タイツ(※2)+ヒッププロテクター(※3)+ウエアーズボン

※1・・・寒い時
※2・・・暖かい時なし
※3・・・必要なら

 

滑っていると暑く、リフトで寒くなる

スキー場では、リフトに乗って山を上がり、スキーやスノーボードで滑って降りるということの繰り返しになります。滑っているときは体を動かしているため体が温まり厚く感じることが多くあります。逆にリフトに乗っているときは、じっと座っているだけですので体は冷えて寒く感じることが多くあり、特に天気の悪い吹雪の日などは、リフトに乗るのがつらくなるほどです。

 

汗をかくので・・・基本は綿素材はNG

スキーなど冬山スポーツでは特に綿の下着はNGです。綿のキルティング生地などは暖かく肌にも優しいのですが、汗を吸うと重くなり、その後水分が冷えて体温を奪ってしまいます。ゲレンデなどは整備されていて冬山のリスクは少ないように見えますが、汗をかいたあとに体が冷えて風邪を引く原因にもなるので避けたいですね。

とくに雪遊び中心の子供などは、親が風邪を引かせまいとセーターなどを着込ませすぎて暑くて大汗というケースが多いですが、実は常に動いていることが多くいので体が熱くなるので。中は普通の綿のTシャツに薄いフリースで、雪遊びの途中でオヤツや水分補給時に着替えさせることを前提とする人も多いですね。子供にとってスキーそのものよりも雪遊びの方が汗をかく率が大きいのです。

 

ベストは、化学繊維の薄くて暖かい下着

ヒートテック

ヒートテックの長袖シャツ

まず肌に直接触れる下着を見てみましょう。基本的になるべく重ね着にならないようにするために、薄くて暖かいものにします。また、生地は水分を保有してしまうものは体温低下に繋がるので、子供だけでなく大人も避けた方が良いでしょう。素材としては化学繊維かウールなどです。ただし、ウールは臭いを防ぐ性質がある一方で、次のシーズンに着て行こうとしたら虫が食っていたなんてことがあるので注意です。

昔は化学繊維で良いものは高かったですが、現在はユニクロなどのヒートテックをはじめとした水分を吸収しながらも体温を奪わないという優れものが、リーズナブルに手に入ります。普段から着用している方も多いでしょう。子供用も多く出ていますからぜひ利用したいですね。ハイネックもありますから、雪遊びなどでも首筋に雪が入るのを防止するためにも良いでしょう。

 

下着とウェアの間に着るものは?

ウェアと下着との間には、基本的に1~2枚着るくらいが理想です。寒そうだからと言って、あまりモコモコ着させても動きにくく、暑くて汗をかいてしまうので避けた方が良いでしょう。トレーナーやジャージというパターンも昔は多かったですが、近頃ではフリースが主流です。薄手のものならば軽くて暖かくモコモコしません。特に暑がりの子供には薄手がおすすめで、子供に合わせて購入しましょう。普段使いにもなりますから、無駄なく使えますね。

 

天候も考慮しよう

ネックウォーマー

ネックウォーマー

晴れていて気温も上々の場合は、子供は暑くてたまらなくなったり、大汗をかいて挙句身体を冷やしてしまうことも。防水がきちんとしたウェアの中に、スキー用品で無くても良いのでハイネックのTシャツでもOKでしょう。
汗をかいた場合の着替えも忘れずに。着替えだけでは間に合わない!という汗っかきな子供には、背中に薄手のタオルなどを仕込んでおきます。汗をかいたらタオルを引き抜くだけなので、一回目の着替えが節約できます。

一方、曇天や雪が舞っているような場合は、下着とウェアの間に多めに着せ、首や顔の寒さを防ぐためにネックウォーマーを付けると良いでしょう。

 

ウェアのズボンの中は?

ヒッププロテクター

ヒッププロテクター

晴れていればウェアのズボン下は要らないくらいが子供です。しかし通常であればスパッツやなタイツ、ジャージなどを着用するのが良いでしょう。ヒートテック系も同じ素材でタイツを販売していますから、こちらの方が薄くて動きやすく蒸れないでしょう。

スキーブーツを履かずに雪遊びをする子供には、ジャージなどの方が遊びから上がった時に楽ですね。靴下は雪遊び組もスキー組も子供のは必ず予備を持参しましょう。

また、転倒時にお尻を痛めることが多いスノーボードではヒッププロテクター着用することもおすすめです。特に最初のころは転ぶことが多いので、ヒッププロテクターはとっても役立ちます。

参考:Amazonで「ヒッププロテクター」をチェック