首都圏からの電車で行けるスキー場

バスツアーも楽ですし、自家用車で行くのも便利ですが、首都圏からアクセスが良ければ電車もまた良いものです。運転する必要もありませんし、雪道を心配することもありません。首都圏から近くのスキー場でも、確かにすぐ到着するわけではありませんが、家族で駅弁でも食べながら、だんだん雪景色に変わる車窓を楽しみつつの旅行も楽しいですよ。

ここでは、首都圏から電車でいけるスキー場と、その魅力をご紹介しましょう。

参考サイト:新幹線で行くスキープラン一覧 (楽天トラベル)

 

駅前がゲレンデ「上越国際スキー場」日本最大級の広さ

交通費+リフト券:17580円
所要時間:80分(上越新幹線)+14分(上越線)
最長滑走距離:6000m | コース数:22 | リフト数:25

東京から電車で約1時間40分、東京から上越新幹線で越後湯沢まで1時間20分、越後湯沢から上越線で上越国際スキー場前駅まで3駅14分、駅前から30秒でゲレンデ到着という好立地でありながら、日本屈指のビッグゲレンデ。

さらに隣の岩原スキー場と連結しており、リフト券も共通で使用できるので、さらに広いエリアを滑り楽しむことが出来ます。ナイター営業もあり、温泉も22時まで利用できるので、日帰りでもタップリ・のんびり楽しんでから帰ることが出来るのがうれしいポイント。

子供たちが雪遊びを楽しめる「雪の遊園地 キッズパラダイス」のほか、子供向けのスキーやスノーボードのレンタルやsスクールも充実しています。

参考:新幹線付プラン 上越国際スキー場

 

東京から近い「ノルン水上スキー場」無料シャトルバス

交通費+リフト券:15000円~15900円
所要時間:66分(上越新幹線)+20分(無料バス)
最長滑走距離:2000m | コース数:6 | リフト数:4

東京からのアクセスの良さは抜群、上越新幹線上毛高原駅からの無料送迎バスで約20分で到着できる近さ。小規模なスキー場ながら、パークもあり、ナイター営業も行っている充実ぶり。たっぷり楽しむことが出来ます。

子供向けのスノーランドには、エスカレーター付きのそり遊びエリアはもちろん、スノーチューブやスノーストライダーやスノーシューコースなどもあり、また託児所も完備。

 

気軽に行こう「GALA湯沢」

交通費+リフト券:12500~13600円
所要時間:93分(上越新幹線)
最長滑走距離:2500m | コース数:16 | リフト数:7

東京から電車で約1時間17分という新潟県の「GALA湯沢」。東京駅から新幹線でガーラ湯沢駅で下車、改札を出るとすぐがセンターハウスという便利さです。駅から直結感は子連れには最高でしょう。新幹線はトイレもあり、子どもの楽しみの1つにもなります。
スキー・スノーボードのレンタルが充実しているので、荷物は子供のお世話用品だけで気軽に行けちゃうところも魅力です。レンタルは道具だけでなくウェアやニットキャップ、ゴーグルやヘルメット、長靴まであります。シーズンは12月中旬からオープン。キッズパークや雪遊びコーナーも評判なので、気軽に子供と電車で行ける貴重なスキー場です。

参考:新幹線付きプラン GALA湯沢

 

駅と直結センターの「湯沢中里スキー場」


交通費+リフト券:12500~13100円
所要時間:80分(上越新幹線)+8分(上越線)
最長滑走距離:2000m | コース数:16 | リフト数:8

東京から電車で1時間30~45分の「湯沢中里スキー場」。東京駅から新幹線で越後湯沢まで1時間20分。そこから上越線に乗換えて越後中里駅まで約8分です。乗換後が短いので、乗換が面倒だなと思うほどではありません。それよりも越後中里駅がセンターハウスへ直結していて、外へ出ることなくゲレンデへ行くことができます。イメージ的には駅に着いたらスキー、という感じでしょうか。滑れない子供でも楽しめる「わくわくファミリーランド」や、他のコースから独立した「キッズ&ビギナーズステーション」、ファミリー向けのコースなどがあり、スクールも充実しています。

参考:新幹線付きプラン 湯沢中里スキー場

 

アクセス抜群の「軽井沢プリンスホテルスキー場」

交通費+リフト券:10500~13800円
所要時間:74分(北陸新幹線)+1分(無料バス)
最長滑走距離:1200m | コース数:10 | リフト数:9

東京から電車で約1時間15分という近さの軽井沢プリンスホテルスキー場。長野新幹線で軽井沢駅南口を降りてタクシーで1分、または徒歩1分。期間により無料シャトルバスが運行されるのでアクセス抜群です。人工造雪機を導入し11月上旬からオープン。

初滑りにやってくるスキーヤーも多く、好評のキッズパークにはソリゲレンデやチュービングがあります。コースは上級中級もありますが、初級も様々なコースを設けています。スキー場横には軽井沢ショッピングプラザなどもあって、ショッピングも楽しめます。

参考:新幹線付きプラン 軽井沢プリンスホテル スキー場

 

スキーヤーオンリーの「NASPAスキーガーデン」

交通費+リフト券:10900~11800円
所要時間:80分(上越新幹線)+3分(無料バス)
最長滑走距離:2200m | コース数:8 | リフト数:5

東京から電車で約1時間50分、東京から越後湯沢で下車。スキー場までは徒歩だと約1.5kmでちょっと雪の中は大変なので、タクシーまたはシャトルバスになるでしょう。湯沢では珍しいスノボ滑走禁止のスキー場です。スキーヤーの中には、スノーボーダーが危険に感じることもあるので、子供と一緒にスキーオンリーという場合には良いゲレンデです。コンパクトながらキッズガーデンなども好評で、レッスンなども一般や小学生向けから、雪慣れから始めるキッズ限定レッスンなども充実。ゲレンデコースも初心者から楽しめます。アフタースキーに温泉施設があるのも、ちょっと魅力ですね。

参考:新幹線付きプラン NASPAスキーガーデン

 

 

<注目のコンテンツページ>
スキーバスvsマイカー どっちが安い?:人数別コスト比較
子連れスキーの持ち物:初めての子供をサポートするスキー・スノボの補助具など
冬休みの家族旅行:ゲレンデ直結のホテル
託児所のあるスキー場:子供は雪遊び!大人はゲレンデ!
スキー・スノボは何歳から楽しめる?:ゲレンデデビューはいつから?
子供にはスキーorスノーボードどちら?:はじめるならどちら?